DV一考察

 DV、Domestic Violence(家庭内暴力)が相変わらず増えつづけている。3、4年前のデータだが、ここアメリカ、ニュージャージーでは夫から暴力(激しく罵倒された、手を挙げられた、病院に行かねばならないほどの暴行を受けたなどなど)を受けた事があると回答した女性が8件に1件の割合だった。確かニュージャージーの家族、社会調査報告に載っていたと記憶しているが、もしかしたらこの数字はもっと高いかもしれない。これは既婚者を対象としたアンケート調査の結果であるから、未婚者で、現在交際中の男女も入れたら、この数字は更に高くなる可能性がある。

 DVやChild Abuse(児童虐待)が、21世紀になった今日、文明の進んだとされるアメリカ、日本でいまだに起こっている事、しかも増えていることには驚きを禁じえない。最も、その文明最先端の国、世界一金持ちの国が戦争をし続け、罪も無いイラクの市民を傷つけたり、愛国主義を焚きつけ何も知らない貧しい若者を志願兵として募り、戦地に送っているのだから、DVが増えても当たりまえかもしれない。が、だからと言ってDVを黙認してはならない。

 勿論、夫婦、恋人間には色々なことがあるだろう。私も離婚経験者だから、必ずしもいつもいつも夫が一方的に悪いとは言わないし、どの家庭も夫婦が喧嘩するにはそれ相応の理由があるとは思う。夫には夫の、妻には妻の言い分があるだろう。しかしいかなる理由があるにせよ自分の妻を殴ったり、恋人に手を挙げる行為は許されるものではない。私自身、かつて夫婦仲が悪くなり、お互いが罵倒しあい、妻も私も自制心が崩れてしまい、頻繁にではないが手を挙げてしまったことがあった。牧師になる前の事だが、その事を15年経った今でも後悔している。悔やんでも悔やみきれない。その後、更なる回心を経験し牧師になってからはなお更、暴力に対する嫌悪感が強まり、後悔の念も強くなった。
(ちょっと脱線しますが、私の心境を例え言うなら、以前タバコを吸っていた人が、タバコを止めてからしばらく経つと、全く吸ったことの無い人よりも、うんとタバコの臭いに敏感になり、タバコに嫌悪感を覚えるのに似ています。)
 
 知り合いにアメリカがイラク戦争に踏み切る前、反戦デモに参加した男がいます。その頃は彼の仕事、言っていたこと、デモに参加したことを私は立派だと思いました。しかしその後、彼が自分の交際相手に手を挙げたことを知りました。1度ならず何度も。そのような女性に手を挙げるような奴が反戦デモ?ちゃんちゃらおかしい。自分のガール・フレンドに暴力を振るうような人間がどうして「反戦」なんて言えますか?そういう人間には偽善者の称号が良く似合う。

 男達に言う。例え自分が100%正しくても、いかなる理由があるにせよ自分の妻、恋人に手を挙げるな。それは最低の行為である。自分が間違っていたら、くだらない面子なんか捨てて、妻(恋人)に謝罪せよ。いかに普段、かっこ良いことを言ったって、どれほど良い仕事をしていたって、女性を殴るような奴は最悪。人間の屑。

 女性に言う。自分の恋人が手を挙げる男なら、すぐ別れなさい。もし結婚しているなら、夫に手を挙げる事をしないことを誓わせなさい。さもなければ離婚も止む無し。勿論、あなたがいつも正しいとは思いません。自分が間違っていたら、素直に謝ること。因みに、自分がいないと相手(男)が駄目になる、とか自分だったら家庭内暴力癖を治してあげられるなどと思わないこと。

 アル中、薬中、ギャンブル狂の男と恋愛、結婚する女性の殆どが「自分が治してあげられる」「結婚したら止めてくれる」「変わってくれる」と思い込んでいるという傾向があることを社会福祉士から聞きました。しかし、それは幻想です。勿論、例外はありますので、全く無いとは言いません。そういう何かに依存症の男は、あなたの献身でも変わりません。暴力を振るうのも依存症です。あなたが毅然とした態度を取らないことによってそれを増長させていると思いましょう。

 そういった依存症の人が立ち直るのに必要なのは本人の意志です。本人が自分の過ちに気付き、回心して生まれ変わらない限り、アル中、薬中、ギャンブル狂、家庭内暴力癖がなおることはありません。幻想は抱かないこと。
 
 何事も話し合いで解決すること。これができないようなら二人はパートナーではありません。力による主従関係です。繰り返して言いますが力で自分よりも力の弱い者を従わせるなんぞ最低な男です。そんな人間ばかりだから、世の中良くならない。

 こういうことを言う自分にも自己嫌悪を感じます。神の国がまた遠くなりました。

Leave a Reply



© 2003 - 2006 Park Ridge United Methodist Church